So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

本打ち と 正義 [シナリオ作法]


酷暑が過ぎ去り、少しずつ秋の気配が感じられるようになりましたね。
みなさま如何お過ごしでしょうか。

私はといいますと、右手の人差し指を怪我してしまいまして
このひと月ほど、難儀しておりました。
ちょうど、仕事がひと段落した後だったので良かったです。
なんだかいつも、ひと仕事おえると、風邪だの怪我だのしてる気がします。
たぶん、緊張感がゆるむんでしょうね。

hospital_taping.png

さて、前回は「本打ち」に関して少し言及しましたが
今回も、もうちょっとお話ししたいと思います。

脚本は、書き上げたらプロデューサーに渡して
それでおしまい…ではなくて
そこからが始まりです。

ドラマや映画の設計図な訳ですから
不備があったら大変です。
プロデューサーや監督の納得のいくものになるまで
話し合いをして書き直しがされます。
この話し合いを「本打ち」といいます。

あれこれ工夫して書き上げた脚本に対して遠慮会釈なしに
プロデューサーや監督が寄ってたかってダメ出しを言い募ります。
様々な要求や提案や疑問が投げかけられ
それに対する回答を求められます。
そして、その回答にすらダメ出しがあったりします。

本打ちに関して新人の方に伝えたいのは
心折れないように気をつけてください。ということです。
きっと、シナリオスクールでのダメ出しよりも数倍キツいと思いますが
それを乗り越えると
ひとりで書いては直しての繰り返しをしていた時よりも、
講師やスクール仲間の批評にさらされるよりも、
格段に自分に力がついたという実感が得られます。

tachiagaru_man.png

たとえどんなに初稿の出来が良くても
スポンサーや役者の事情を考慮したり
ロケ地や撮影スケジュールを考慮したり
様々な事柄の兼ね合いを調整する、という理由で
本打ちをする必要がでてきたりします。

向田邦子さんは
出演俳優ふたりのスケジュールがどうしても合わないという理由で
ふたりが同じフレームに入らなくても撮影ができるように
怒ったキャラをなだめるというシーンを
お茶の間ではなくて、部屋の中と廊下に分けたそうです。
怒ったキャラが自室に閉じこもり、
それをなだめるキャラは廊下にいる。
ふたりは襖を間に挟み、会話をする。
そんな風に変更したとのこと。

これなら別々に撮影できますし
お茶の間でふたり向かい合って話し合うよりも
絵変わりもしますし、襖がふたりの心の壁を表しているようで
見ている人たちにも劇的な効果を与えることができます。

このように、本打ちで提示された条件をただクリアするのではなく
作品としてのクオリティも高めることができるようにするのが
腕の見せ所、だと思います。

kinniku_hanasu.png

本打ち初回にプロデューサーや監督が険しい顔をしているのは
一瞬で肝が冷えるものですが、ニコニコしていても油断してはいけません。

映画「サイドウェイズ」の最初の本打ちの時、
亀山さんはニコニコして上機嫌でした。
そして開口一番「面白かった!」と言ってくれました。
あ、これは直しは少なくて済むかな、と思ったんですが
次の瞬間、嬉しそうな顔で「じゃあ、どこから直すかな〜♪」
と言ったので、ガクッとしました。
どうやら、出来が良かったら良かったで
リライト提案するのが楽しいとのことです。
なるほど、こうやって数々のヒット作を送り出したのねと納得。
貪欲に面白さを追求する姿勢が大切なんだな、と学びました。

別の作品で、他の脚本家の方と競合していた時のことです。
なんとか初稿コンペで勝ち上がり
競合相手の名前を聞いて驚いたことがあります。
そんな大物に競り勝った初稿ならリライトなんてそんなにないだろうな
と思ったのも束の間、怒涛のように本打ちを繰り返したこともあります。

出来が良くても、本打ちとリライトというのは必須なようです。
ならば、しっかりと本打ちに臨む気構えをしていた方がいいですよね。

本打ちに際して気をつけなければいけないのは
相手に遠慮して、あるいは議論するのが面倒で、
直しの提案を唯々諾々と受入れてしまうことです。

もちろん、直しの提案が納得いくものなら
素直に受け止めて直せばいいんですが
そうでないのなら、きちんと議論すべきです。

でないと、こんな風になるかもしれません――
ある提案通りに直したら、他のシーンとの兼ね合いで
なんだか周辺のシーンとのバランスがおかしくなった。
次の本打ちではそれらを調整するよう言われたので
周辺のシーンもリライトしつつ、整合性保つため当初のシーンもリライト。
次の本打ちでは、リライトシーンによって全体の印象が変わったので
そもそもの設定から再考してみようかと提案される。
困ったなぁと思いながら再考案を携えて次の本打ちに臨む。
するとその本打ちでは、またまた直しを言い渡されるんだけど
その直しの内容が、元々の脚本と同じ内容だった……orz
なんてことになったりします。

それで、あぁやっぱり最初のままで良かったんだねと言われればまだいいですが
「ほら俺の言った通りリライトしたら上手く着地できたよ」
なんて言われることすらあります。
元に戻しただけなのに、手柄横取りされた気分です。

これはまぁ極端な例ですが
思いつきのリライト提案を考えもせずに受け入れてしまうと
ひどく遠回りすることになってしまいます。
あるひとつのシーンを書くに至るまでの経緯を
本打ちを通してプロデューサーや監督がもう一度辿ってしまう訳ですからね。

なので、このシーン、このセリフ、この行動になったのは
こういう考えと効果を狙い、こんな経緯で決まったんですよ
と説明するのは大切です。

その上で変えた方がより面白くなるのなら
どう変えた方がいいか、きちんと話し合いをしましょう。

その脚本は、執筆時点で自分がベストだと思ったものです。
散々頭を悩ませながら、キャラクターに心を寄せて
作り上げてきたものです。
脚本に関して一番時間を費やし一番頭を使ってきたのは
脚本家であるあなた自身です。
どんなに有名監督でも、大物プロデューサーでも
臆することはありません。
自信をもって、作品を面白くするべく議論してください。

で、面白くなるなら、自分の思い入れとかプライドとか
そういうのはあっさり切り捨てて、リライトしてください。
面白くなることが正義です。

自分が面白いと思うものを貫くのも大事ですが
一番大事なのは、観客・視聴者が面白いものを提供することです。
目の前にいるプロデューサーや監督を納得させられない面白さなら
お茶の間や客席にいる人たちを満足させられることは難しいでしょう。

まぁ、中には自分を貫いた方が正解なケースもあるわけですが
それはまた次回。


nice!(16) 
共通テーマ:映画

リライトと 本打ち [シナリオ作法]

さて、ゴールデンウィークもとっくに過ぎ、ツツジも見頃が過ぎましたね。
そろそろ紫陽花が咲き始めている感じです。
_ajisai2.png

五月中旬までは、雨が続いて寒かったり、急に日差しが強くなって夏日になったりと
気候の変化が激しい日々が続きましたが、みなさんお変わりないでしょうか。

前回はおしらせ記事でした。
「私は屈しない」配信延長が決まったお知らせが今年もできて良かったです。
これもご覧になってくださった皆さんのおかげです。ありがとうございます。
   「私は屈しない」のParavi配信はこちらから

    Amazonビデオでのレンタル配信はこちらから

「ハムラビ」アマゾンキンドルでの販売も少し軌道に乗った感じです。
お値打ち価格なので、是非どうぞ。
  「ハムラビ」アマゾンキンドル販売はこちらから

「サイドウェイズ」のiTunes配信も、ちょうど4月期のドラマに
小日向さんや生瀬さん、京香さんがそれぞれ出演していることもあって、順調です。
4月に上映開始されたパシフィックリムの続編には菊地凛子さんも出演してますので
サイドウェイズ出演者がみんな揃って活躍してる姿を見ることができました。
とても嬉しいです。
レンタル400円はちょっとお高いかもしれませんが
きっと満足のいく作品になってるはずですので、こちらも是非どうぞ。
  「サイドウェイズ」iTunes配信はこちらから

   Amazonビデオは、こちらをから

お知らせはこのくらいにしてですね
その前の記事でお話ししたリライトについて、もう少し続きを。

リライトとは、書き直しのことですが、2種類あります。
ひとつめは、自発的に行うリライト。
もうひとつは、誰かに指摘された部分を直すリライト。

シナリオコンクールなどに応募する場合は
自発的に行うリライトがメインになると思います。
(あ。シナリオスクールに通ってる人は、講師の方や同期生に講評もらって、直す場合があるのかな。その場合でも、基本は自分が主体となって、リライトするんだと思います)
これは、直した方がいいと自分が思ったところを書き直していく作業ですね。
前々回でお話ししたリライトは、プロット構成に関するリライトで
主に自発的に行うリライトにあたります。

一方、誰かに指摘された部分を直すリライトは、
いわゆる「本打ち」を受けての書き直し。
本打ちとは、映画やドラマのプロデューサーや監督たちと
脚本に関して打ち合わせをすることを言います。
脚「本」に関しての「打ち」合わせなので「本打ち」
と言うのかな…と勝手に思ってます。

執筆する前に打ち合わせを重ね、それをもとに脚本を書き上げて
メールに添付してプロデューサーや監督に送信するとですね
「じゃあ、次の水曜日に本打ちします」とかなんとか連絡が来るわけです。
で、えっちらおっちら打ち合わせ場所におもむきますと
プロデューサーや監督が、ダブルクリップで留めたA4の紙の束:シナリオ第一稿を持ってて、そこには何やら書き込みとかあるのが見えたりすることがあります。

なんの書き込みかというと
このシーンでこのキャラがどうしてこんなセリフを言ったのか、などの質問系から
このシーンが長すぎるとか短すぎるとか、こういう行動をさせた方がいいなどの提案系、
はたまた、スポンサーが嫌がるからこんなセリフ言ってもらっちゃ困る、などのNG系。
など様々です。

そんなあれやこれやのダメ出しを受け、
一週間くらいでリライトして再び送信しなきゃいけないんですが
指摘された部分だけを直せば済むわけではない場合があって、悩ましいところです。
ホントに無駄なシーンなら単純に削って終わりですが
そうでない場合も多々あるわけです。

その場合、全体が長いからってんで、あるシーンを削ったとすると
それに伴って様々な修正の必要性が出てきます。

厄介なことに、ストーリーの進行上、削っても問題なさそうなシーンであっても
実はそういう細かなシーンがキャラクターの印象を左右するようなものだったりします。
その場合、機械的にカットしてしまうと
のちのちのキャラの行動が整合性取れないものになったりします。

そうすると、削ったシーンで与えるはずだった印象や感情を
他のシーンの行動やセリフに分散させなければならないんですね。

こういうリライトが一番難しいんですが、一番自分の力になるリライトでもあります。
自分では出来がいいと思ってた脚本であればあるほど
それは有機的に絡み合い、緻密にイメージや心情を積み重ねているので
ひとつのシーンであっても、削ったり直したりすると
全体に影響を及ぼし、それをトリミングする作業も複雑になってきます。

1シーンにひとつの役割しか持たせないよりも、いくつかの役割を持たせた方が
脚本がタイトな仕上がりになるので、面倒だと思ってもトライしてみるべきです。

ちょっと気が遠くなる時がありますけど、そんなリライトをきちんと着地させると
ドヤ顔で脚本を送信できますので、踏ん張りどころではあります。

まぁ、それでも、次の本打ちで別のダメ出しされてリライトするんですけどね。
pose_nidomi2.png

デビュー作を書いてる時、どれだけリライトをするのか見当もつかなかった私は
リライトするごとにファイル名を「Ver.2」から「Ver.2.5」と変えていき、
そこからちょっと変わったら「Ver.2.5.5」
そこから更に大幅変更あったら「Ver.3」…という風にしてました。
macOS方式です。
プロットの枠組みさえ変わるようなリライトは、
せいぜいVer.5くらいで済むと思ってたからです。
「Ver.8」を超える頃になると、
あぁこれは、こんな区切り方してたらキリがないと気づいて、
日付でファイル名を区別するようにしました。

何度も何度もリライトを重ね、本打ちで議論を重ね
これで完璧だ!と思うシナリオを提出しても、まだダメ出しくらう。
メンタル面でのタフさも、脚本家に必要なんだなぁ、と実感したものです。

いま思えば、デビュー作で散々リライトしたのは
監督が鍛えてくれてたんだろうなぁ、と思います。
ありがたい。

一昨年にお仕事ご一緒したので、またそろそろ一緒に仕事したいなぁと思っております。

もし、今まさに本打ちとリライトを重ね過ぎて、もういやだー、と思ってる新人の方は
本打ちに呼んでくれてるうちが華、ここが正念場と思って頑張って頂きたいです。
ダメだなこいつ、と思われたら
スーッと潮が引くようにフェイドアウトされてしまいます。
私もフェイドアウトされたことありますし
逆にフェイドアウトされた人の代わりを務めたこともあります。

そして、まだデビューをされてない方は、まずは自発的なリライトを重ねて
作品のブラッシュアップを図ることに慣れておいてください。
自分の作品に自信を持つのは大事ですが、受け止める人がいてこその作品です。
過信は禁物。常に磨きをかけることを心がけましょう。
そして、第三者の意見を聞くというのは
自分の作品をより面白くするための貴重なチャンスですので
もし友人やシナリオスクールで耳の痛い指摘をされたとしても
真摯に受け止めてリライトしてみてください。

長々と書きましたが、あくまでも私が今まで経験した中での話なので
これが正解だというつもりはありません。
これから脚本家として歩き始める、あるいは目指している人が
リライトと本打ちの嵐に面くらわないように、心構えをしてもらいたいなと
そんな気持ちで書いてみました。

次回は、本打ちについて、もう少し書いてみようと思います。
なるべく何ヶ月も空かないようにしたいです。
では、また。

nice!(23) 
共通テーマ:映画
前の2件 | -