So-net無料ブログ作成

ハムラビと青空 [日誌]

前回、「ハムラビ」についての紹介をしましたが
私のデビュー作が「ピルグリ」と言うんですね。
で、映像化はされてませんが、脚本家になるきっかけとなった
ヤングシナリオ大賞応募作の題名が「メンチン」といいます。

どれもカタカナ4文字。
理由は、まぁ色々ありますけど、ざっくり言うと
好きなんです、カタカナ4文字タイトルが。
なので、応募作や企画書など、自分でタイトルをつける場合は、
なるべくカタカナ4文字で考えます。

実際は、なかなか思いつかなくて長めのタイトルつけたりしますが
まずはカタカナ4文字で考えてみます。
なので、「ハムラビ」を思いついた時は
よっしゃ!と、ガッツポーズでした。

前回の「ピルグリ」がTV放映だったので
今回の「ハムラビ」は映画公開かなぁ。

と、勝手に思ってます。
そうなる様に頑張ります。
どうしたらいいのかは、わかりませんが
やれるだけの事はやりますよ!

自分を鼓舞してみました。

とは言いましたが、今年はもう仕事納めをしました。
なので、運動不足解消を兼ねた散歩をしました。
青空でしたねぇ。
凛と澄んだ青空は、思わず顔を上げて見入ってしまいます。

私は新潟出身なので、初めて関東の冬を過ごした時は
衝撃でした。 
冬なのに空が青いなんて…!
今でこそ温暖化で雪が少なくなってるようですが
私が中学生くらいの時までは、まぁ、雪が降る事、降る事。
膝まで埋もれながら中学校の登下校をしてました。
冬の空が青いなんて信じられません。
そのかわり、クリスマスには雪が降ってくれる事が多くて
とってもいい感じでしたよ。

うちの息子は、クリスマスには雪が降るものと思っていたようで
「今日はクリスマスだから雪だよね!」とコーフンしてましたが
実際は全然降ってなくて、がっかりしてました。
そういえば彼は、初夏の頃から「早く雪降らないかなぁ」と言ってました。

雪が降ると、わくわくしますよね。
雪国の人にとっては頭痛の種でしょうが
私にとっては、故郷を思い出す空からの手紙の様です。

てな事は1ミリも思ってませんが。
書いてて、ちょっと気味が悪くなりましたが。

雪が好きなのは、本当です。
キンキンに冷えた空気が少し和らぐと
雪が降る前兆なんですよね。
…… 。
夜明け前が一番暗いから希望を持て、みたいな
いい事言おうと思いましたが、浮かびませんでした。
ははは。
笑っときます。
笑う門には福来たる、です。
皆さんにも福が来ます様に。
冷えた空気を和らげる雪の様な、
凛と澄んだ青空の様な、
うつむいていても、ふと顔を上げる
そんな福が来ます様に。
良い年をお迎え下さい。




スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました